Volunteer in Tohoku! (the sequel)

The Japan Cat Network Inawashiro Center needs YOU. They are in Fukushima addressing the needs of the animals and their guardians coping with the after effects of the disaster. Work includes, dog walking and care; cat area cleaning and care; animal health monitoring and treatment; repair/building projects, and general area cleanup; food drop/rescue trips into the evacuated/restricted areas (we have a pass, but please bring proper personal identification); transporting animals to spay/neuter or new homes in the Kanto area; and various organizational duties.


Whenever it seems like there might be a moment’s rest, the phone rings with requests for help, and off they go.

This tenacious team has been in the disaster area since March 22nd with amazing support from many volunteers over time, including invaluable support from folks on Camp Zama (US Army), Yoksuka Naval Base and Yokota Air Force Base, as well as local support from evacuated residents.

Now counting more than 300 animals rescued with funding given to JCN from JEARS. The work goes on even though the news of it wanes.

The work is hard but meaningful. If you are able to pitch in and contribute to the morale, that will help the work to continue.

There is limited free dorm-style lodging for volunteers, in loft areas, as long as you don’t mind animals sleeping below.

They have mattresses, sheets, and futons. You don’t actually need a sleeping bag, but that can be helpful, regarding laundry. We have had a lot of donated American food for volunteers; mostly snacks and breakfast items, but also soup, soft drinks, and some canned items. We have a refrigerator, hot pot, and microwave oven in each room, for general use, and there is a 7-11 convenience store within walking distance. It’s colder up here, than areas south, so be sure to bring some warm clothing.

The center is located in Inawashiro, not far (30 min. or so) from the junction between the Banetsu expressway and the Tohoku expressway. A variety of transportation options can be suggested.

please email Susan for directions or more information; info@japancatnet.com

東北でのボランティア(続き)

ジャパン・キャット・ネットワーク猪苗代センターは、今あなたが必要です!

ジャパン・キャット・ネットワークは福島にて、被災後に影響を受けた動物たちやその保護者たちの要望に全力で応えています。仕事内容は、犬の散歩・世話、猫の保護施設の掃除・世話、動物達の健康状態のモニターとその手当て、保護施設の修理や改善工事、清掃一般 、避難区域・警戒区域での給餌・救助作業 (ジャパン・キャット・ネットワークでは許可書を保持していますが、ボランティア各自が身分証明書を持参して下さい)、避妊手術の為や里親の元へと、動物たちを関東地区へ移動させる、その他雑務などが含まれます。ようやく休憩時間かと思えば電話が鳴り、救援のリクエスト、直ちに出動という忙しさです。

この素晴らしいチームは3月22日以来被災地に滞在し、ボランティアの皆様、そしてキャンプ座間(米軍陸軍)の皆様、横須賀海軍基地の皆様、横田空軍基地の皆様、更に避難を余儀なくされた地元住人の皆様など、多くの方々に支えられ、頑張っています。

JEARSによって救助された動物たちのうち300匹以上が、現在までにジャパン・キャット・ネットワークに受け入れられているのです。

あまりニュースで取り上げらる事も少なくなった今日でも、日々の任務は続きます。大変な仕事ではありますが、大きなやり甲斐があります。
皆様からの支援や協力があれば、この任務を続けて行く大きな助けとなるのです。

数に限りはありますが、ボランティア寮として無料の宿泊施設があり、その下の階では動物たちが眠っています。
マットレス、シーツ、布団などが用意されていますので、寝袋を持参して頂かなくても大丈夫ですが、あれば洗濯物が減り助かります。

アメリカ食のスナック、朝食、スープ、ソフトドリンク、缶詰など、ボランティアの皆様の為に、と寄付で頂いた食料品がたくさんあります。
冷蔵庫、鍋、電子レンジはそれぞれの部屋に備え付けられていますし、徒歩で行ける範囲内にセブンイレブン・コンビニエンスストアがあります。
現地の気候は冷え込みますので、必ず暖かい衣服をご持参下さい。

猪苗代センターは、磐越自動車道と東北自動車道のジャンクションから約30分。

猪苗代センターまでの行き方は幾通りかございますので、道順やその他詳細については、下記Eメールアドレスのスーザン迄お問い合わせ下さい。
info@japancatnet.com

Leave a Comment